賃貸の和室を→洋室に原状回復DIYした記録です。



前回は畳の上にクッションフロアを敷きました。

簡単に原状回復できるように、マステ+両面テープで敷いています。
(クッションフロアの型番などはこちらの記事に書いてあります👇)




元はごくごく普通の6畳程の和室。
{1F5AF125-0EEC-4093-ADA5-66C09816D298}


ここにホワイトのスタジオ風クッションフロアを敷きました。
 
{E6DF6F51-A0E1-44F8-B179-F9B504102B13}
 

これが前回まで。
 

次はこの左側の、窓がある方の壁に板壁風の輸入壁紙を貼っていきます。

スクリーンショット 2021-01-25 11.21.42

 
輸入壁紙は国産壁紙に比べると若干お値段高めです。
 

が、国産壁紙に比べて紙の質もよく、柄もリアルな壁紙が多いのです。(当時。今は国産でも上質な紙質のモノや、柄もリアルなモノが増えました!)


輸入壁紙は国産壁紙に比べて横幅が短いので女性には扱いやすいのと、面倒な耳がないので貼り合わせ部分の処理の手間がなく、耳あり壁紙に比べたら格段に貼りやすく成功率も高いです。

 
壁紙は紙とはいえ長さがあると意外と重いので、初心者やあんまり慣れてないけど一人で貼るという場合などは輸入壁紙の方が貼りやすいかなっと思います

 

 

輸入壁紙を貼ってみよう!


まず貼りたい長さにカット

{EB38AC18-AC28-4549-B121-8E01C9DFE22F}
 
 
そこにスーパーフレスコイージーを塗っていきます。



スーパーフレスコイージーとは


貼って剥がせる粉のりのコト。
フリース壁紙の場合、壁にのりを直接塗る。
国産壁紙の場合は壁紙の裏に塗って、5分程度ベンチタイムをおいてから壁に貼っていく。





スーパーフレスコイージーを水で溶き、しばらく置いて馴染ませたら壁に塗っていきます。

私は壁と壁紙にも塗りました。

{23C66486-D7BA-4779-836B-6C9F9607734D}


我が家は賃貸なので、以前は壁紙を貼る時はマステ&両面テープを駆使して貼っていましたが、このフレスコイージーと出会ってからは家中の壁紙はすべてこの粉のりで貼っています。
 

  粉糊で水に溶かして使うので私は使う分だけジップロックの容器に入れて混ぜています。


混ぜる手間はあるけどコスパは良き
 
 
{66D5D35A-5277-4958-9974-51E7BCADEBB0}


糊をたっぷり塗ったらあとは貼るだけですが、ここからは写真撮り忘れていました。
 
でも貼り合わせがないので次々貼れてあっという間に完成です!!
 


そして正面の壁にも同じようにコンクリート壁紙を貼りました。


スクリーンショット 2021-01-25 11.23.45


こちらは国産壁紙、SREー51717を使用しました。






では、壁紙Before→Afterでご覧ください😋
 

Before
eb395f66-s

 
 
 
After
スクリーンショット 2021-01-25 11.23.24



クッションフロアと壁紙を貼っただけですが、これだけでもかなり和室感はなくなりました。

クッションフロアや壁紙貼りは一見ハードルが高そうですが特別技術がいるわけでも難しいコトもなく、何より頑張った分、お気に入りの空間になるのが楽しくてやめられないところ。


マステ+両面テープなどで貼って剥がせるように施工したり、貼って剥がせる糊を使うコトで飽きたらまた別のモノに変えるコトも出来るのもいいところですよー。


少しでも参考になれば嬉しいです



我が家のコンクリート壁紙まとめました👇
息子の部屋は爽やかなボーダー柄の壁紙です👇
水だけで貼れる壁紙もおすすめです👇
余った壁紙ももったいないのでリメイクなどに使っています👇
賃貸は要注意!壁紙やリメイクシートを貼る時の注意点👇